歯が黄ばむ原因はステイン

白くてキレイな歯は誰もが憧れるものですよね。歯を白くするため一生懸命に歯磨きをしても黄色くなってしまうことってあると思います。食後にちゃんとブラッシングしているのに、どうして歯が黄色くなってしまうんだと疑問に思っている人も多いかもしれません。

白い歯を手に入れるめには、歯が黄色くなってしまう原因を知ることが大切です。歯を白くすることをホワイトニングと言います。ホワイトニングをして歯が白くなったとしても、黄ばんでしまう原因が分からなければ、また歯が汚れてしまいます。歯を白く保つには、ホワイトニングをするだけでなく、歯が黄色くなる原因を取り除かなければいけません。

歯が黄色くなったり黒っぽくくすんでしまう原因は、毎日の食事やタバコ、加齢などです。これらのうち食べ物や飲み物、タバコのヤニなどによる着色汚れのことをステインと言います。歯が黄色くなる主な原因はステインなのです。


ステインを除去するならコレがおすすめ

ステインを取り除いて白い歯にする

歯が黄色く汚れるのはステインという着色汚れが原因です。歯を白くするためには、ステインを除去しなければいけません。しかし、一度歯についてしまったステインは歯磨きではなかなか取れないのです。

歯磨きでステインを落とそうとすると、力をいれてゴシゴシ磨いてしまいます。しかしこれではステインを取り除くことが出来ないばかりか、歯のエナメル質を傷つけてしまいます。歯が白くてツルツルしているのはエナメル質があるからで、これを傷つけると黄ばみや虫歯の原因になるので力を入れて磨くのは駄目です。

他には研磨剤入りの歯磨き粉を使うのもNGです。研磨剤がエナメル質を傷つけ、歯が汚れたりむし歯の原因となってしまうからです。同様にスクラブ入りの歯磨き粉もよくありません。スクラブはエナメル質を傷つけるだけでなく、歯ぐきなどにも良くありません。最近ニュースなどで報道されていましたが、スクラブはプラスチックで出来ていて、歯と歯ぐきの間に小さなスクラブが溜まってしまうのです。海外ではスクラブが禁止されてきています。

では、どのようにしてステインを除去すれば良いのでしょうか?

歯を傷つけずにステインを除去するホワイトニングという方法があります。

ステインを除去する歯磨き粉とは?

歯磨きでステインを除去するなら、ホワイトニング用のジェルや歯磨き粉を利用することになります。通常の歯磨き粉のようにブラシに塗って歯を磨くだけでホワイトニングの効果が得られます。

通常の歯磨き粉ではステインを取り除くことは難しいです。ホワイトニング用のジェルや歯磨き粉にはステインを浮かせて剥がすための成分が入っているので、ブラッシングするだけでステインや着色汚れを落とすことができます。

ホワイトニングジェルを選ぶときには、研磨剤が入っていないものを選んでください。研磨剤が入っているとステインは落とせますが、歯のエナメル質を傷つけます。一度はキレイになっても、その傷に汚れがたまるようになり、以前よりも汚れやすくなったり、むし歯の原因となるので研磨剤は良くないのです。


ステイン除去におすすめのホワイトニングジェルはこちら

ステイン除去におすすめのホワイトニングジェル

ホワイトニング用のジェルや歯磨き粉はいろいろ発売されています。
その中でもおすすめなのは、こちらのホワイトニングジェルです。

効果の認められた医薬部外品

ちゅらトゥースホワイトニングは、厚生労働省が認可した医薬部外品です。歯を白くする、虫歯予防、口臭を防ぐ、歯周病予防などの効果があることが認められています。ホワイトニングジェルや歯磨き粉は様々ありますが、医薬部外品として認められているものはほとんどありません。

研磨剤不使用で安全

研磨剤を使っていないので歯のエナメル質を傷つけません。刺激の少ない成分から作られているため、歯にしみたりする心配もなく安心して使えます。

虫歯の予防にも効果的

ほとんどのホワイトニングジェルは歯を白くする効果しかありません。ちゅらトゥースホワイトニングは新規成分「GTO」を配合。GTOは虫歯のリスクを大幅に軽減することが確認されています。むし歯の原因となるミュータンス菌の働きを抑えるので、いつも歯磨きしているのに虫歯になってしまうという方にもおすすめです。


ステイン除去におすすめのホワイトニングジェルはこちら

更新履歴